小学校受験をする家庭は年々増えてきています。それは少子化になったことで、一人の子どもにかける教育資金が上がってきたことも大きな理由です。しかし、私立小学校は誰でも入れるものではなく、受験をして合格した子が入学できる狭き門でもあります。誰でも入ることが出来る公立ではなく、私立を選ぶ理由として多いのが、大学までの道筋が立てられることにあります。大学まで数々の長く険しい受験戦争を逃れられることで、他の能力を上げるための時間を作れることもあります。そして、私立は独自の教育方針を持って学習のみならず、心の教育も力を入れていることも特徴としてあります。そうした、将来的な人間形成においての理念が保護者の思いと共通していると我が子にとってのよい成長を促せると考える方も多いです。

小学校受験を決めたらすることは

私立の小学校の受験をすると決めるのは早い時期の方が良いです。子どもは普段の家庭での習慣や、親の育て方をそのまま身に着けそれを自分のものとします。受験では、普段の家庭での様子を見通すテストもたくさんあります。急に子どもに教え込んでも習慣化されて身についている動作や行動は急に直すことはできません。受験を決めたら、普段の生活、言葉使い、礼儀、親の言動においてもきちんと正し、良い方向へ進めていく必要があるのです。また、生活の中で学習できることもたくさんあります。物の見方、考え方、洞察力、発展力は日々の遊びや生活の中でちょっとした親の声掛けや持って行き方で、子どもの能力を開花させ伸ばしていくことが出来るのです。受験を決めたら、日々の生活を自然と受験に向けた方向にシフトしていくことが大切です。

受験専門塾に入塾することについて

小学校受験は、まだ受験というものを完全には理解できないくらいの年齢で合格に向けた学習や運動能力の向上をしていきます。それぞれの私立の小学校の特色、入試傾向をつかみそれに対応できる力をつけていくには専門の塾に入ることが必要です。そこでは、受験のノウハウ、各私立小学校の特色を踏まえたカリキュラムによって能力を伸ばし、入試で合格をつかむための訓練をしていきます。そして、子どもだけでなく、親の心構えや面接での受け答え、普段の家出の学習や生活をどうしていくべきかを教えてくれます。受験を決めたら、こういった塾を探して入ることが大前提になります。そして、その実績や経験値、情報量、自分の子供を入れたい小学校への合格のノウハウをしっかりと持っている塾を選ぶことが大切なのです。