愛する我が子をより教育を受けさせたいと願う保護者はたくさんいます。子どもの頃の教育環境はとても大切であり、人格形成やその後の人生に大きな影響を与えるものです。そこで、その環境を整えるために、小学校を地元ではなく、私立の小学校に入学させて学校生活を、学習環境、友人環境、能力向上をしていく家庭は益々増えてきています。現代の少子化によって、一人にかける教育資金が上がっていることも要因の一つです。また、心の教育や礼儀作法などそれぞれの学校独自の教育方針によって、物の考え方、行動のしぐさなどが上品で冷静な判断を持てるような人に育てることができるという意味も大きいものです。私立と公立を考えて比べた時に、私立の方がベターであると判断した家庭が受験に向かって家族一丸となり頑張っていくのです。

私立の小学校の良さと特徴について

私立小学校受験することのメリットとしては、一番は何と言っても大学まで進学できる良さです。この時点で将来的な大学までの道が決まっていることで、余計な受験がない分日々の学習時間が取りやすく、またその他の能力を伸ばせる時間が出来る、その後にあるはずだった受験によるストレスなどを軽減できるなどの良さがあります。また、私立は独自の教育方針を掲げ、それに忠実に普段の生活、物の考え方、学習の進め方をしていくため、自分の家庭で考える教育方針とマッチすれば一貫性のある教育ができることにもあります。そして、教員の質も高いことが多いのです。公立のように数年ごとの移動もなく、その学校を愛し、その学校の生徒を愛している思い入れが深い教員が多いため、その教育にも深い愛情を持って教えられる環境が整っているのです。

小学校受験の方法と成功の秘訣について

小学校受験は本人の頑張りも必要ですが、親の頑張り、忍耐力、経済力が必要になります。個人的に親子で自主勉強するだけでは合格はほぼ不可能です。専門の塾に通い、親子でその教えを身に着け、様々な繰り返しの学習によって本番でのテストでその培った能力を出せる力、面接での行動、受け答えなどを子どもらしくもしっかりとした自分の言葉で言える力をつけることで合格を勝ち取ることが出来るのです。また、幼児と呼ばれる子どもは、受験の意味や大変さなどを理解することが難しいものです。それを乗り越えて合格するには、それぞれの小学校の入試傾向をつかみ、それに合わせた家庭での教育学習、塾での学習、を繰り返すことがとても大切です。繰り返すことで子どもの身に着けることが必要なのです。そして、褒めて伸ばす、楽しく勉強することを心がけることで、子ども自体が受験を受け入れ、合格したい気持ちになることが出来るのです。